『ハーフデッドリフト』の正しいやり方とその効果、注意点

こんにちは!

BOSTY-LAB(ボスティラボ)管理人のユウトです!

この記事では、「【ハーフデッドリフト】」について紹介します。

【ハーフデッドリフト】は、可動域を制限した状態でのデッドリフトです!

上級者向けのトレーニングであり、バーベルを使うトレーニングです!ジムなどで見かけるトレーニングではないでしょうか。

ぜひチャレンジしてみてください!

ユウト

まずは、動画をチェック!

★★種目名★★

  • ハーフデッドリフト

★★効果★★

  • 腰回りのシェイプアップ

★★こんな悩みを持っているにオススメ!★★

  • 引き締まったボディラインがほしい人
  • 姿勢が悪い人

★★フォーム★★

  1. バーを持ち足をお尻幅に広げる
  2. 肘を伸ばしたまま膝が出ないように上半身を倒す
  3. ゆっくりと起き上がる

注意
  • 猫背にならないように下ろす
  • 猫背のまま行うと腰を痛めてしまう

★★回数★★

  • 8~12回×3セット フォームが崩れたら限界と判断

このトレーニングを選ぶメリット

高負荷なトレーニングであり、効果ができる!

このハーフデッドリフトは、バーをを使い、可動域を制限することで、お尻から腰回りのシェイプアップを狙ったトレーニングです。

自宅で簡単に行える自重トレーニングとは異なり、高負荷なトレーニングですので、ダイエットだけでなく、魅せるカラダ作りには、重要なトレーニングです。

ハーフデッドリフトを行う際に注意しなければいけないのは、「無理をしないこと」です。

このハーフデッドリフトは、高負荷なトレーニングの分、ケガをするリスクが伴います。全身の反動を使って無理にバーを腕持ち上げようとすると、効果が半減するだけでなく、腰を痛めてします原因です。

ゆっくりと、フォームを確認しながら、ハーフデッドリフトに取り組みましょう!

【初心者でもできる!】自宅でもできる自重トレーニングまとめ

このトレーニングを始める前に

【ハーフデッドリフト】等の筋トレを始める前に、まずは、ウォーミングアップを行い、効果的にケガなくトレーニングを進められるようにしましょう!

『エクスターナルローテーション(ヒップ編)』の正しいやり方とその効果、注意点

まとめ

今日は、【ハーフデッドリフト】で、可動域を制限した状態でのデッドリフトを紹介しました。

上級者向けのトレーニングですので、無理をせずに、狙った部位に刺激を与えれるように、フォームに意識して挑戦してみてください!

ユウト

ハーフデッドリフトは、腰を痛める可能性がありますので、決して無理はしないように!

下半身を総合的に鍛えたい人には、まずは【スクワット】がオススメです!

『スクワット』の正しいやり方とその効果、注意点

>>>公式サイト申し込みフォーム

芸能人も多く通ってるBOSTY(ボスティ)

ダレノガレ明美さんや、佐野ひなこさんなど、モデル、タレントなどテレビに雑誌によく見かける芸能人も数多くBOSTY(ボスティ)に通っているみたいです。

Instagram(インスタグラム)にある投稿をまとめてみました!

「誰がBOSTY(ボスティ)に通ってるの?」

と少しでも気になる人は見てみてください。

「あんな人も通ってるのか!」と驚くはずです。

BOSTY(ボスティ)でトレーニングをしているモデル・女優・俳優紹介

関心のある方は是非、以下の申し込みフォームから。無料カウンセリングを受けることができます。

>>>公式サイト申し込みフォーム