『スタンディングラットプルダウン』の正しいやり方とその効果、注意点

こんにちは!

BOSTY-LAB(ボスティラボ)管理人のユウトです!

この記事では、「【スタンディングラットプルダウン】」について紹介します。

【スタンディングラットプルダウン】は、立った状態でのラットプルダウンです!

座った状態のラットプルダウンよりも背中に効かせやすい感じがするので、初心者にはオススメです!

ユウト

まずは、動画をチェック!

★★種目名★★

  • スタンディングラットプルダウン

★★こんな悩みを持っているにオススメ!★★

  • 綺麗なくびれがほしい人
  • 広い背中がほしい人
  • 逆三角形の背中がほしい人

★★効果★★

  • 背中周りの引き締め

★★フォーム★★

  1. 肩幅より拳2つ分広くバーを持つ
  2. .胸を張りながら肘を引いていく
  3. 脇の下にストレッチをかけながら戻していく

注意
  • 肩をすくませない

★★回数★★

  • 15回×3セット フォームが崩れたら限界と判断

このトレーニングを選ぶメリット

狙った筋肉をピンポイントで鍛えることできる!

このスタンディングラットプルダウンは、背中周りを引き締めることができます。

動画中でも触れられていましたが、肩をすくめてしますと、腕に効くトレーニングになってしまいます。

注意しなければいけないのは、「背中に効かすトレーニングだということ」です。

腰を動かして、反動で下げて、戻すという運動は、トレーニング本来の効果を得ることはできないので、しっかりと、フォームを理解し、スタンディングラットプルダウンに取り組みましょう!

『ワンハンドダンベルロウ』の正しいやり方とその効果、注意点

このトレーニングのほかに

【スタンディングラットプルダウン】のほかに、座った状態のでの【シーテッドラットプルダウン】があります。

個人的には、立った状態の【スタンディングラットプルダウン】より力を込めるのが難しいので、体力に自信がある人には、【シーテッドラットプルダウン】をオススメします。

『シーテッドラットプルダウン』の正しいやり方とその効果、注意点

まとめ

今日は、【スタンディングラットプルダウン】で、背中周りを引き締めるトレーニングを紹介しました。

ジムにある機材を利用したトレーニングですので、自己流にならず、狙った部位に刺激を与えれるように、フォームに意識して挑戦してみてください!

ユウト

肘が曲がってきたときには限界でした!

下半身を総合的に鍛えたい人には、まずは【スクワット】がオススメです!

『スクワット』の正しいやり方とその効果、注意点

>>>公式サイト申し込みフォーム

芸能人も多く通ってるBOSTY(ボスティ)

ダレノガレ明美さんや、佐野ひなこさんなど、モデル、タレントなどテレビに雑誌によく見かける芸能人も数多くBOSTY(ボスティ)に通っているみたいです。

Instagram(インスタグラム)にある投稿をまとめてみました!

「誰がBOSTY(ボスティ)に通ってるの?」

と少しでも気になる人は見てみてください。

「あんな人も通ってるのか!」と驚くはずです。

BOSTY(ボスティ)でトレーニングをしているモデル・女優・俳優紹介

関心のある方は是非、以下の申し込みフォームから。無料カウンセリングを受けることができます。

>>>公式サイト申し込みフォーム