ストレートアームダウン【背中周りの引き締め&綺麗なくびれ作りに】

こんにちは!

BOSTY-LAB(ボスティラボ)管理人のユウトです!

この記事では、「【ストレートアームダウン】」について紹介します。

【ストレートアームダウン】は、ジムの機材を使って行う背中のトレーニングです。

フォームを間違えてしまうと、二の腕のトレーニングになってしまうので、背中に確実に効かせられるように、フォームを理解しましょう!

ユウト

まずは、動画をチェック!

★★種目名★★

  • ストレートアームダウン

★★こんな悩みを持っているにオススメ!★★

  • 綺麗なくびれがほしい人
  • 広い背中がほしい人
  • 逆三角形の背中がほしい人

★★効果★★

  • 背中周りの引き締め

★★フォーム★★

  1. なるべく広めにバーを持つ
  2. 肩をすくませないように腕を伸ばした状態で肘を真下に下ろす
  3. 脇の下を伸ばすようにストレッチをかけてギリギリまで戻す

注意・気をつける事
  • バーを下ろすときに手の力は使わない
  • 猫背にならないようにする
  • 肘を伸ばす力で行わない

★★回数★★

  • 20回×3セット フォームが崩れたら限界と判断

このトレーニングを選ぶメリット

狙った筋肉をピンポイントで鍛えることができる

ストレートアームダウンは、ジムの機材を使って行う背中のトレーニングです。

【シーテッドラットプルダウン】や【スタンディングラットプルダウン】と同じく、ジムでよく見かける背中周りを引き締めるための王道トレーニングです。

動画中でも触れられていましたが、猫背になってしまったり、腕の力で引いてしまうとすると、二の腕裏のためのトレーニングになってしまいます。

そのために、意識しなければいけないのは、「背中を鍛える意識を持つこと」です。

腰を動かして、反動で下げて、戻すという運動は、トレーニング本来の効果を得ることはできないので、しっかりと、フォームを理解し、ストレートアームダウンに取り組みましょう!

『シーテッドラットプルダウン』の正しいやり方とその効果、注意点

その他の背中を鍛えるためのトレーニング

【ストレートアームダウン】のほかに、【シーテッドラットプルダウン】や【スタンディングラットプルダウン】などの背中を鍛えるトレーニングがありますが、初心者にオススメのトレーニングとして【ダンベルプルオーバー】があります。

【ストレートアームダウン】に比べて、自宅にダンベルさえあれば、誰でもできるので、【ダンベルプルオーバー】をオススメします。

『ダンベルプルオーバー』の正しいやり方とその効果、注意点

まとめ

今日は、【ストレートアームダウン】で、ジムの機材を使って行う背中のトレーニングを紹介しました。

フォームを間違えてしまうと、二の腕のトレーニングになってしまうので、背中に確実に効かせられるように、フォームを把握おきましょう!

ユウト

まさに「筋トレ!」と言った見た目の【ストレートアームダウン】を理解することで、ジムなどでのボディメイクが一層楽しくなるはず!

下半身を総合的に鍛えたい人には、まずは【スクワット】がオススメです!

『スクワット』の正しいやり方とその効果、注意点

>>>公式サイト申し込みフォーム

芸能人も多く通ってるBOSTY(ボスティ)

ダレノガレ明美さんや、佐野ひなこさんなど、モデル、タレントなどテレビに雑誌によく見かける芸能人も数多くBOSTY(ボスティ)に通っているみたいです。

Instagram(インスタグラム)にある投稿をまとめてみました!

「誰がBOSTY(ボスティ)に通ってるの?」

と少しでも気になる人は見てみてください。

「あんな人も通ってるのか!」と驚くはずです。

BOSTY(ボスティ)でトレーニングをしているモデル・女優・俳優紹介

関心のある方は是非、以下の申し込みフォームから。無料カウンセリングを受けることができます。

>>>公式サイト申し込みフォーム