インクラインベンチプレス【胸の上部に効かせる胸の王道トレ!!】【上級】

こんにちは!

BOSTY-LAB(ボスティラボ)管理人のユウトです!

この記事では、「【インクラインベンチプレス】」について紹介します。

【インクラインベンチプレス】は、大きな分厚い胸板を作る大胸筋を鍛えるためのトレーニングです!

フラットな状態のベンチプレスよりも傾斜のある状態でベンチプレスを行うことで、胸部を立体的に大きくすることができます!

【ベンチプレス】では物足りないな…と感じている人は、ぜひ挑戦してみてください!

ユウト

まずは、動画をチェック!

★★種目名★★

  • インクラインダンベルベンチプレス

★★こんな悩みを持っているにオススメ!★★

  • 胸板を厚くしたい。
  • 立体的な胸作りに

★★効果★★

  • 男らしい胸板を作れる。
  • 張りがある綺麗な胸作りに。

★★フォーム★★

  1. ベンチに仰向けになる。
  2. 肘と腕が90度になる角度でバーを持つ。
  3. 肩がすくまないようにバーを持ち上げる。
  4. 肩を後ろに引き、肩甲骨を寄せて胸を張りバーを下におろす。
  5. スタートポジションに戻るようにバーを上げる

注意・気をつける事
  • 手首が倒れないこと。
  • 左右のバランスをしっかりとること。
  • 下ろすときはなるべくゆっくり下ろすこと

MEMO
バーが右に傾いてしまう場合は、右の筋力が強く、左右で差があるためです!

こういった人はその他のダンベル種目で左右バランスよく鍛えるように筋肉のコントールをしてください!

『インクラインダンベルフライ』の正しいやり方とその効果、注意点

 

ユウト

動画の中で注意点として言われていた「手首を倒さないこと」はとても大切です!

★★回数★★

  • 8回~12回×3セットを目安に行う

このトレーニングを選ぶメリット

高負荷なトレーニングで効率良く大胸筋を鍛えられる!

このインクラインベンチプレスは、大胸筋強化の代表的なトレーニング種目です。

上半身で、目立つ部位ですので、男性として動画のトレーナーさんのように、大きく分厚い大胸筋は、憧れです。

ただ、大きな筋肉ですので、それなりに負荷がないと、大きくできないので、ベンチプレスでのトレーニングは必須です。

きちんとした知識を身につけることで、理想のカラダに着実に近づくことできます!

その他、自宅で行えるトレーニングは以下の記事を参考にしてください!

【初心者でもできる!】自宅でもできる自重トレーニングまとめ

その他の胸のトレーニング(大胸筋のトレーニング)

【インクラベンチプレス】のほかに、初心者にオススメのトレーニングとして【プッシュアップ】【ダンベルベンチプレス】があります。

レベルとしては、【プッシュアップ】<<<【ベンチプレス】<<<【インクラインベンチプレス】となっています。

【プッシュアップ】は、いわゆる腕立て伏せです。

【ダンベルベンチプレス】は、【インクラインダンベルベンチプレス】の傾斜をつけず、フラットな状態でのダンベルベンチプレスです。

  • 初心者:【プッシュアップ】
  • 中級者:【ダンベルベンチプレス】【インクラインダンベルベンチプレス】
  • 上級者:【ベンチプレス】【インクラインベンチプレス】

という自分のレベルにあった負荷を見つけて、継続していきましょう!

ただし、プッシュアップなどの自重種目は、自宅で簡単にできますが、自己流になってせっかくの効果が得られていない人が多いトレーニングだったりします。

正しい方法を知って、最大限の効果を手に入れてください!

サイドクランチ【自宅でできる!たるみやすい横っ腹に効果抜群!!】

まとめ

今日は、【インクラインベンチプレス】で、誰でも自宅で簡単に行える大胸筋を鍛えるトレーニングを紹介しました。

【インクラインベンチプレス】のフォームを把握しておくことで、大胸筋をキレイに見せることができます。

ユウト

ベンチに傾斜があることで、フラットな状態よりも胸の上部に刺激があります!上級者向けのトレーニングですので、ケガには注意してください!

下半身を総合的に鍛えたい人には、まずは【スクワット】がオススメです!

『スクワット』の正しいやり方とその効果、注意点

>>>公式サイト申し込みフォーム

芸能人も多く通ってるBOSTY(ボスティ)

ダレノガレ明美さんや、佐野ひなこさんなど、モデル、タレントなどテレビに雑誌によく見かける芸能人も数多くBOSTY(ボスティ)に通っているみたいです。

Instagram(インスタグラム)にある投稿をまとめてみました!

「誰がBOSTY(ボスティ)に通ってるの?」

と少しでも気になる人は見てみてください。

「あんな人も通ってるのか!」と驚くはずです。

BOSTY(ボスティ)でトレーニングをしているモデル・女優・俳優紹介

関心のある方は是非、以下の申し込みフォームから。無料カウンセリングを受けることができます。

>>>公式サイト申し込みフォーム