ラックアップ【大きな背中をつくるトレーニング!】

こんにちは!ボスティラボ管理人のユウトです!

この記事では、「【ラックアップ】」について紹介します。

【ラックアップ】は、別名【ハーフデッドリスト】とも呼ばれる背中を鍛えるトレーニングです。

脊柱起立筋は背骨に沿ってついている筋肉で、鍛えることで背中の真ん中に縦のラインがしっかりと浮かび上がります。

背中のシックスパックとも言うべきそのラインは、シルエットを美しく見せるだけでなく、男らしい背中を見せる上でも欠かせない部分です。

ぜひ挑戦してみてください!

ユウト

まずは、動画をチェック!

★★種目名★★

  • フェイスプル

★★こんな悩みを持っているにオススメ!★★

  • デスクワークで背中に痛みを感じる人

★★効果★★

  • 背筋がぴしっとしひきしまる
  • 腰痛の予防

★★フォーム★★

  1. つま先がバーの真下にくる位置に立つ
  2. 肩の真下でバーを持ちしっかりお尻を下げ正面を向きお腹に力を入れ立ち上がる
  3. ゆっくりと元の位置に戻す

注意・気をつける事
  • 立ち上がる時はしっかりとお尻を前に突き出す
  • 背中が丸まらないようにする
  • 腕でバーを引かない

★★回数★★

  • 8〜12回×3セット

このトレーニングを選ぶメリット

高負荷なトレーニングで効率よく鍛えることができる!

このラックアップは、背中の脊柱起立筋を鍛えることができるトレーニングです。

背中の脊柱起立筋を鍛えることで、ジャケットやシャツなどを着たときに、引き締まったシルエットを手に入れることができます。

また、上半身を鍛えることで、小顔効果も期待できます。最大限の効果を手に入れるためにも実際にトレーニングを行う中で、しっかり意識をしましょう!

【初心者でもできる!】自宅でもできる自重トレーニングまとめ

その他の背中を鍛えるトレーニング

【ラックアップ】のほかに、背中の脊柱起立筋を鍛えることができるオススメのトレーニングとして【ダンベルプルオーバー】【ベントオーバーロウ】などがあります。

背中は、意識して鍛えるのが難しい部分ですので、徐々にレベルを上げていくことをオススメします。

【フェイスプル】は、ジムにある機材を使用するトレーニングですが、【ダンベルプルオーバー】は、ダンベルではなく、ペットボトル等で代用可能です。

また、これからトレーニングを始めようという方は、自体重による【バックエクシテンション】から始めてみましょう!

Point
    • 初心者:バックエクステンション
    • 初級者:ダンベルプルオーバー
    • 中級者:ベントオーバーロウ
    • 上級者:ラックアップ
それぞれの部位に最適なトレーニング方法を理解して、自分のレベルに合わせたトレーニングを選択し、理想のカラダを手に入れてください!

『バックエクステンション』の正しいやり方とその効果、注意点

まとめ

今日は、【ラックアップ】で、背中の脊柱起立筋を鍛えるトレーニングを紹介しました。

【ラックアップ】のフォームを把握しておくことで、男らしい背中を作りましょう!

ユウト

まずは、【プッシュアップ】【スクワット】でトレーニングの基礎体力を手に入れましょう!

下半身を総合的に鍛えたい人には、まずは【スクワット】がオススメです!

『スクワット』の正しいやり方とその効果、注意点 >>>公式サイト申し込みフォーム

芸能人も多く通ってるBOSTY(ボスティ)

ダレノガレ明美さんや、佐野ひなこさんなど、モデル、タレントなどテレビに雑誌によく見かける芸能人も数多くBOSTY(ボスティ)に通っているみたいです。

Instagram(インスタグラム)にある投稿をまとめてみました!

「誰がBOSTY(ボスティ)に通ってるの?」

と少しでも気になる人は見てみてください。

「あんな人も通ってるのか!」と驚くはずです。

BOSTY(ボスティ)でトレーニングをしているモデル・女優・俳優紹介

関心のある方は是非、以下の申し込みフォームから。無料カウンセリングを受けることができます。

>>>公式サイト申し込みフォーム