ダンベルキックバック【たくましく太い腕を作るエクササイズ!】

こんにちは!

ボスティラボ管理人のユウトです!

この記事では、「【ダンベルキックバック】」について紹介します。

【ダンベルキックバック】は、男性らしい二の腕をつくるための種目です

【ダンベルキックバック】で鍛えられる「上腕三頭筋」は、手のひらを天井に向けた時に二の腕の下側についている筋肉で、体積の大きい筋肉です。

二の腕の3分の2は上腕三頭筋によって占められており、 ベンチプレスなどの他のプッシュ系の筋トレのパフォーマンスを高めることも可能です!

力強く男らしい腕回りを手に入れるために【ダンベルキックバック】の正しいフォームを理解して、理想のカラダを手に入れましょう!

ユウト

まずは、動画をチェック!

★★種目名★★

  • ダンベルキックバック
上腕三頭筋とは?
上腕三頭筋とは、上腕部のいわゆる「二の腕」を形成する筋肉です。

★★こんな悩みを持っているにオススメ!★★

  • 腕を太くしたいひと
  • たくましい男らしい腕を手に入れたいひと

★★効果★★

  • 太くたくましい男らしい腕を手に入れられる

★★フォーム★★

  1. 上半身を倒しダンベルを持つ
  2. 肘と肩が平行になるようにダンベルを持ち上げる
  3. 肘を後ろに伸ばす

MEMO?
このトレー二ングは、「ゆっくり戻す」ことがとても重要です!

注意・気をつける事
  • 肘が下がらないように行う
  • 上半身をおこし過ぎない

★★回数★★

  • 10〜15回×3セット

このトレーニングを選ぶメリット

負荷のあるトレーニングで効率よく上腕三頭筋を鍛えることができる!

この【ダンベルキックバック】は、上腕二頭筋を効率よく鍛えることができます。

上腕三頭筋に最大限の効果を与えるためには、正しいフォームで行わなければいけません。

動作の途中で肘を動かしてしまうと、上腕三頭筋への負荷が逃げてしまうため、期待して効果を得ることはできません。

最大限の効果を手に入れるためにも実際にトレーニングを行う中で、しっかり意識をしましょう!

【初心者でもできる!】自宅でもできる自重トレーニングまとめ

ダンベルカールとダンベルキックバックは何が違うの?

【ダンベルカール】は、主に上腕二頭筋の腕周りにきかせる種目です。

一方で、【ダンベルキックバック】は、上腕三頭筋の腕周りにきかせる種目です。

実際に、やってみると実感するはずです。

同じダンベルを使うトレー二ングであっても、狙った筋肉が異なり、方法が異なれば、効果が違うことがはっきりとわかりはずです。

MEMO
  • ダンベルカール:上腕二頭筋の「力こぶ」のトレーニング
  • ダンベルキックバック:上腕三頭筋の「二の腕」のトレーニング

共に、最初のうちは、少し軽めのダンベルを使用し、フォームを維持することを意識しましょう!

正しいフォームで行うことが重要です!

できるだけ重い重量をあげないと意味はないの?

【ダンベルキックバック】は、ダンベルを使用した負荷の高いトレーニングです。

いかにも「筋トレしてる!!」というようなものですが、本当にそれは正しい知識なのでしょうか?

以下の動画にあるように、反動を使って、全身運動にしてしまうと狙った筋肉にきかせることができません。

まとめ

今日は、【ダンベルキックバック】で、男性の憧れである太く大きい「二の腕」をつくるためのトレーニングを紹介しました。

【ダンベルキックバック】のフォームを把握しておくことで、かっこいい腕周りを作りましょう!

ユウト

まずは、【プッシュアップ】【スクワット】でトレーニングの基礎体力を手に入れましょう!

下半身を総合的に鍛えたい人には、まずは【スクワット】がオススメです!

『スクワット』の正しいやり方とその効果、注意点

>>>公式サイト申し込みフォーム

芸能人も多く通ってるBOSTY(ボスティ)

ダレノガレ明美さんや、佐野ひなこさんなど、モデル、タレントなどテレビに雑誌によく見かける芸能人も数多くBOSTY(ボスティ)に通っているみたいです。

Instagram(インスタグラム)にある投稿をまとめてみました!

「誰がBOSTY(ボスティ)に通ってるの?」

と少しでも気になる人は見てみてください。

「あんな人も通ってるのか!」と驚くはずです。

BOSTY(ボスティ)でトレーニングをしているモデル・女優・俳優紹介

関心のある方は是非、以下の申し込みフォームから。無料カウンセリングを受けることができます。

>>>公式サイト申し込みフォーム