【オススメ】ふくらはぎのトレーニング2選!ピンポイントの筋トレ!

こんにちは!

BOSTY-LAB(ボスティラボ)管理人のユウトです!

この記事では、理想の下半身を作るための「ふくらはぎのトレーニング」について紹介します。

ふくらはぎを鍛えられるトレーニングには、カーフレイズがあります。

本記事では、ふくらはぎを鍛えるためのカーフレイズについて、紹介します!

自分に合ったトレーニングを見つけてください!

ユウト

自宅でできるトレーニングからまずやってみよう!

絶対に知っておきたいふくらはぎのトレーニング

カーフレイズには、2種類の

  • スタンディングカーフレイズ(立って行う方法)
  • シーテッドカーフレイズ(座って行う方法)

があります。

このトレーニングの最も重要な点は、「つま先立ちになり、軽く前傾姿勢になる意識を持つこと」です。

「歩く」という動作は日常生活の中にありふれている動作であり、トレーニングをしてもあまり効果を感じでしょう。

しかし、それは普段から鍛えられているということであり、さらに負荷をかけるトレーニングを行うのであれば、「疲れた」と感じるくらいの負荷を与えましょう。

スポーツを行う人にとっては、「走る」「ジャンプする」といった動作には、不可欠な筋肉ですので、ぜひ挑戦してみてください!

スタンディングカーフレイズ

たった状態で行うふくらはぎのトレーニングです。

このトレーニングでは、いわゆる「ししゃも筋」を鍛えることが可能です。

ふくらはぎ上部の筋肉が発達することで、見栄えのする脚を手に入れることができます。

男性にとって、鍛えられたふくらはぎで、スリムな太ももは、シルエットとしてとても決まります!

一方で、女性としては、太く大きくなってしまうトレーニングなので、下の【シーテッドカーフレイズ】をオススメします!

『スタンディングカーフレイズ』の正しいやり方とその効果、注意点

シーテッドカーフレイズ

この【シーテッドカーフレイズ】は、膝を曲げた状態で行う種目のため、ヒラメ筋のみに集中したトレーニングが可能です。

ヒラメ筋は、普段から自然と鍛えられている筋肉のため、非常に強い筋肉です。

そのため、ヒラメ筋を鍛えるためには、

  • 収縮を感じる点で静止する
  • 回数を増やす

など、別の部位のトレーニングよりも負荷がかかりように工夫をしなければいけません。

膝にダンベルを乗せ、重量をあげることも選択肢の一つとなります。

『シーテッドカーフレイズ』の正しいやり方とその効果、注意点

まとめ

「ふくらはぎ」のトレーニングのポイントは、

  • スタンディングカーフレイズ:ししゃも筋を鍛えられる
  • シーレッドカーフレイズ:ヒラメ筋を鍛えられる

です。

それぞれの筋肉は、普段から「歩く」「走る」「階段を登る」といった動作で使っている筋肉のため、普通の人でも発達した筋肉です。

そのため、

  • ダンベルなどで負荷を加える
  • 回数を増やす

等で、しっかり負荷がかかっていることを確認しながら、トレーニングを行いましょう!

ユウト

まずは、自重トレーニングでケガなく筋トレを行いましょう!

>>>公式サイト申し込みフォーム

芸能人も多く通ってるBOSTY(ボスティ)

ダレノガレ明美さんや、佐野ひなこさんなど、モデル、タレントなどテレビに雑誌によく見かける芸能人も数多くBOSTY(ボスティ)に通っているみたいです。

Instagram(インスタグラム)にある投稿をまとめてみました!

「誰がBOSTY(ボスティ)に通ってるの?」

と少しでも気になる人は見てみてください。

「あんな人も通ってるのか!」と驚くはずです。

BOSTY(ボスティ)でトレーニングをしているモデル・女優・俳優紹介

関心のある方は是非、以下の申し込みフォームから。無料カウンセリングを受けることができます。

>>>公式サイト申し込みフォーム