【徹底検証】ライザップの返金保証を解説します!

「パーソナルトレーニングジムの料金って高い気がするし、もし、続かなかったどうしよう…」

「パーソナルトレーニングジムならライザップ何だろうけど、返金保証ってどうなの?」

という人いると思います。

そんな「ライザップの30日間返金保証って実際どうなってるの?」

という疑問に対して、調べてみましたので、詳細をお伝えします!

1.ライザップの契約内容はこうなっている!

法律や契約を確認するために、一番大切なのは、契約内容がどのようになっているかです!

ライザップと契約する際にどのような契約を結ぶかどうかにより、30日間全額返金保証の内容が変わる可能性があるので、返金保証が関係する内容について、確認します!

ライザップの規約の中で、入会・変更・退会に関係する規約は以下の通りです!

入会に関する規約

第6条(入会手続き等)
1. 本クラブに入会しようとするときは、会社が別途定める手続きを行うことにより、入会申込みを行っていただきます。
2.コースの利用を希望するときは、会社が別途定めるところに従い、コースの利用申込みを行っていただきます。
3.未成年の方が入会またはコースの利用契約を締結しようとするときは、会社が別途定める書面により法定代理人(親権者)の同意を得た上で、入会またはコースの利用申込みを行ってい
ただきます。この場合、法定代理人(親権者)は、法令に定めがある場合を除いて、自らの会員資格の有無に関わらず、本会則に基づく義務および責任を本人と連帯して負うものとします。
4.未成年について定めた前項の規定は、成年被後見人、被保佐人、被補助人に準用します。

第9条(諸費用)
1. 会員は、会社に対し、会社が別途定める期日までに、入会金及びコース費用等会社が別途定める諸費用(以下「諸費用」といいます。)をお支払いいただきます。
2. 会員は、実際の施設利用の有無に関わらず、前項の諸費用をお支払いいただきます。
3. 一旦納入した諸費用は、返還できません。但し、第21条に定める中途解約、第22条に定める除名及び第26条に定める30日間全額返金保証制度適用の場合は除きます。
4. 会員が第1項に定める期日までに諸費用を支払わない等債務不履行がある場合、会社は、会員に対し通知をすることにより、未払いの諸費用と会社が会員に対して負う債務とを対当額にて相殺することがあります。
5.第1項に定める期日までに支払うべき諸費用全額のお支払いが完了しない場合、施設の利用ができなくなることがあります。

第10条(会員資格の取得)
第6条の入会手続きが完了したときに、会員資格を取得するものとします。

第12条(ビジター)
1. 次の各号に該当する場合、会員以外の方(以下「ビジター」といいます。)も、諸施設を利用いただくことができます。
(1)会員の同伴者のうち会社が別途定めた条件により認めた者
(2)その他、会社が別途定めた条件により入会前に諸施設の利用を認めた者
2. ビジターは、会社が別途定める施設利用料をお支払いいただくことがあります。
3. ビジターは、本会則および会社が別途定める諸規則(以下「施設内諸規則」といいます。)を遵守しなければなりません。

第13条(その他会員以外の施設利用)
会社は、特に必要と認めた場合は、会員、ビジター以外の方の諸施設の利用を認めることができます。

変更に関する規約

第7条(変更手続き等)
1. 会員は、入会申込書に記載した内容に変更があったときは、遅滞なく変更手続きを行っていただきます。
2. 会員は、会員証を紛失したときは、会社に対して速やかに紛失届を提出するものとします。この場合、会員は、会社が別途定める再発行手数料をお支払いいただくことにより、会員証の再発行を受けることができます。
3. 会社より会員の住所あてに通知、連絡等を行う場合は、会員から届出のあった最新の住所あてに行い、通知、連絡等の発送をもってその効力を有するものとします。

第11条(会員資格の相続・譲渡)
本クラブの会員資格は他の方に譲渡、売買、貸与、名義変更、質権および譲渡担保権の設定その他一切の処分をすることができません。
また、本クラブの会員資格は、相続その他の包括承継の対象にはなりません。但し、法人の合併その他組織再編行為を除きます。

第19条(予約の変更・キャンセル)
予約の変更・キャンセルについては、施設内諸規則に定めるとおりとします。

第20条(有効期限の延長)
会員(ビジターを含みます。)は、コースの有効期限内に規定回数のトレーニングを実施できないときは、会社所定の書面により有効期限の延長手続きを行うことができるものとします。延長期間については、施設内諸規則に定めるとおりとします。

退会に関する規約

第21条(中途解約)
1.会員(ビジターを含みます。以下本条において同様です。)は、お申込みされたコースに係る契約を自己都合により中途解約するときは、書面により解約の申出を行うものとします。当該
契約は、会員の当該解約の申出により解約されます。
2. 前項により会員が、1回目のトレーニング(トレーニングは有償のものに限ります。本条において以下同様です。)前に中途解約した場合、割賦販売契約か否かを問わず、コース費用以外の費用については、法令の定めにより当社が責任を負担すべき場合を除いて、理由の如何を問わず返還いたしません。
3.前項の場合を除き、第1項により会員が契約を中途解約した場合、会社は、解約対象コースについて会員が会社と割賦販売契約を締結していた場合を除き、会員に対し、諸費用のうちコース費用について、次の(ⅰ)から(ⅱ)を減じた金額を返還いたします。コース費用以外の費用については、法令の定めにより当社が責任を負担すべき場合を除いて、理由の如何を問わず返還いたしません。
(ⅰ)当該コースの費用全額を、予定全トレーニング回数で割った金額に、当該全トレーニング回数から中途解約時点までに会員が実施したトレーニングの回数を減じた回数を乗じた金額
(ⅱ)上記(ⅰ)の10%相当額または20,000円のいずれか低い金額
4.前項により会員が契約を中途解約した場合であって、解約対象コースについて会員が会社と割賦販売契約を締結していたときには、会社は、当該中途解約時点までに会員が実施していないトレーニング(以下「残りのトレーニング」といいます。)に対するコース費用に係る賦払金を請求できません。ただし、当該中途解約時点までに実施したトレーニングに対するコース費用に係る賦払金であって、会員が未払いのものについてはなお請求できるものとします。
5.前項の場合において、解約が初回トレーニング実施後であるときには、会員は、会社に対し、割賦販売手数料(割賦提供価格と現金提供価格の差額)を支払わなければなりません。
6.第4項の場合において、会社が残りのトレーニングに対するコース費用に係る賦払金を受領済みである場合には、会社は、会員に対し、当該金額を速やかに返還します。

第22条(除名等)
1. 会社は、会員が次の各号に該当するときは、その会員を本クラブから除名することができます。除名された会員は、以後諸施設の利用が一切できません。
(1)第5条の入会資格(第7号を除く。)を喪失したとき。または、入会資格(第7号を除く。)を満たしていなかったことが入会後に判明したとき。
(2)本会則および施設内諸規則に違反したとき。
(3)他の会員、ビジターや施設スタッフを誹謗、中傷し、本クラブに被害の届出があったとき。
(4)他の会員、ビジターや施設スタッフを殴打したり、身体を押したり、拘束する等の一切の暴力行為があったとき。
(5)大声、奇声を発する行為、他の会員、ビジターや施設スタッフの行く手を塞ぐ等の威嚇行為や迷惑行為があったとき。
(6)物を投げる、壊す、叩くなど、他の会員、ビジターや施設スタッフが恐怖を感じる危険な行為があったとき。
(7)クラブの施設・器具・備品の損壊や備品を持ち出す行為があったとき。
(8)他の会員、ビジターや施設スタッフを待ち伏せしたり、後をつけたり、みだりに話しかける等の行為があり、本クラブにその旨の届出があったとき。
(9)正当な理由なく、面談、電話、その他の方法で施設スタッフを拘束する等の迷惑行為があったとき。
(10)痴漢、のぞき、露出、唾を吐く等、法令や公序良俗に反する一切の行為があったとき。
(11)刃物、火器、薬品など危険物を館内へ持ち込む行為があったとき。
(12)物品販売や営業行為、金銭の授受・貸借、勧誘行為、政治活動、署名活動等の行為を行い、施設スタッフの中止勧告に従わないとき。
(13)割賦利用による諸費用の支払いを連続して2ヶ月間怠ったとき。
(14)施設スタッフに対する会社以外の他社への就職あっせんや引き抜きの行為を行ったとき。
(15)本クラブの許可なく、直接施設スタッフからトレーニングを受けたとき。
(16)法令および公序良俗に反する一切の行為を行ったとき。
(17)トレーナーが会員と連絡が取れなくなった場合、もしくはトレーニングを3回以上無断でお休みされたとき。
(18)その他会社が会員としてふさわしくないと認めたとき。
2.会社は、ビジターが諸施設の利用中に前項各号に該当した場合、以後諸施設の利用を一切禁止します。
3. 第1項各号に基づき除名された場合及び前項に基づき諸施設の利用を禁止された場合には、会社は、会員及びビジターに対し、前条各号に定める中途解約の場合の諸費用の返還に準じ、諸費用の一部を返還いたします。

第23条(施設の閉鎖・休業および解散)
会社は、次の各号に該当するときは、諸施設の全部または一部の閉鎖、休業または本クラブの解散(以下「閉鎖等」といいます。)をすることができます。閉鎖等が予定されている場合は、原則として1ヶ月前までに会員に対しその旨を告知します。
(1)気象災害その他外因的事由により、会員に危険が及ぶと会社が判断したとき。
(2)施設の増改築、修繕または点検を実施するとき。
(3)定期休業によるとき。
(4)事業譲渡その他本クラブの運営事業の承継、本クラブの運営事業の撤退その他重大な事由により、閉鎖等がやむを得ないとき。

第24条(利用の禁止)
会員(ビジターを含みます。)が次の各号に該当するときは、諸施設の利用を禁止します。
(1)暴力団関係者であるとき。
(2)刺青、タトゥーがあるとき。
(3)伝染病その他他人に伝染または感染するおそれのある疾病に罹患しているとき。
(4)一時的な筋肉の痙攣や、意識の喪失などの症状を招く疾病を有するとき。
(5)妊娠しているとき。
(6)その他、正常な諸施設の利用ができないと会社が判断したとき。

第26条(30日間全額返金保証制度)
1. 会社は、会員から30日間全額返金保証制度(以下「全額返金保証」といいます。)を適用した返金の申出があった場合、次の各項に従って、会員に対して支払い済みの諸費用の全額を返還します。この場合、会員は本クラブを退会したものとみなします。但し、過去に会社が運営する「RIZAP WOMAN」において30日間全額返金保証制度の適用を受けた会員は、本クラブにおいて全額返金保証の適用を受けることができません。
2. 前項に定める返金の手続きは、来店のうえ書面で行うものとし、電話、ファクシミリ、電子メールその他の手段による手続きには応じかねます。
3. 会員が会社と割賦販売契約を締結して諸費用を支払っている場合、支払い済みの諸費用を返金いたします。
4. 会員による会社への返金の申し出は、入会時に契約したコースの初回ご利用日から30日以内(当該日が営業日でない場合は、その翌営業日とします。)に手続きを行うものとして、それ以
降は返金の申し出を行うことができないものとします。
5. 本条に基づいて支払い済みの諸費用の返金を受けた会員は、以降本クラブの諸施設を一切利用できません。
6. 前各項の規定に関わらず、会社が販売する物品(健康食品、化粧品類等を含みますがこれらに限りません。)及び会社が別途全額返金保証の対象外である旨明示したサービスについては、第1項に基づく全額返金保証は適用されません。

注意
30日間全額返金保証制度は、退会扱いになるということ!

規約の要点

規約を読む限り、退会・変更等での重要だと思われる点は、以下の点です。

  1. 規定回数のトレーニングは絶対に実施できる
  2. 途中退会する場合には、回数分の返金を受けられる
  3. 30日間返金保証は、初回申し込み時のみに適用される

特に、大切なのは、30日間返金保証は、初回申し込み時のみに適用されるということだと思います。

本規約を読む限りでは、ライザップを始めたばかりの方のみが30日間全額保証の対象であり、1度ダイエットに成功したあとに、2回目、3回目にトレーニングを申し込み、ダイエットに挑戦した人は対象ではないということです。

2.現在公式HPに掲載されているライザップでの返金のルールはこれ!

ライザップの公式サイトには、30日間全額返金保証について、明確に説明がされています!

ライザップに通い始めてから、

  • 1週間で転勤が決まった…
  • 仕事が忙しくなり、時間が作れなくなった
  • 結婚することにダイエットしている場合じゃなくなった

など、個人的な事情であっても、返金の対象となります!

また、Q&Aにも、以下のように回答がありました!

Q.全額返金って?全額返金制度とは何ですか?

A.全てのお客さまに、安心して最高のダイエットの第一歩を踏み出していただくため、ライザップでは、コース料金について「30日間全額返金保証制度」を導入しております。最高水準の結果をお約束すべく、プログラム開始から30日間はいかなる理由でも、ご納得いただけないときは、全額を返金いたします。

ただし、RIZAPにて販売する物品は対象外となります。また、ご返金の手続きは、来店のうえ書面で行うものとし、電話、メール等の手段による手続きには応じかねます。30日間全額返金保証を利用すると、再入会できません。

Q.全額返金の期間は、なぜ30日なのですか?

A.トレーニングを始めて頂き、始めの1ヶ月でご自身にあっているかご判断頂けるかと存じますので、30日間となっております。

3.返金保証を受けた例はこれ!

ネット上の返金保証を受けた例を探すと、以下のようなものが見つかりました!

食事が合わない

ライザップのトレーナーをされていた方のブログです!

ライザップのトレーナーとして働いていたが、ゲストの人と相性が合わず、全額返金の要望があったため、返金になったとの内容が紹介されています。

【ライザップ】トレーナーチェンジ・全額返金!トレーナーの心境

トレーニングが辛い

食事が合わないの項目で紹介したブログの中では別の方も紹介されており、トレーニングが辛く、継続することができず、返金することになったことが紹介されています。

また、Twiiterでもライザップのトレーニングは大変で、辛いというつぶやきを見ることができます。

トレーニング自体が辛いのは、ダイエットが成功している証拠ではありますが、心が折れてしまう人が少なからずいるようです。

トレーナーとの相性が合わない

上記のブログには、トレーナーチェンジという担当のトレーナーを変更することが可能な制度が紹介されていますが、もし相性の良いトレーナーと出会うことができなければ、返金保証の対象になりますよね。

そのほかには、病気になり、通うことができなくなったなどの口コミがありました。

まとめると、「続けることができない理由を30日間に示すことができる」のであれば、返金保証の対象になることはできそうです。

【ライザップ】パーソナルトレーニングについて紹介します!

4.返金保証が受けられなかった場合はこれ!

以前のライザップでは、全額返金保証には、条件やルールがあって、場合によっては返金に応じてくれない場合があったみたいです。

しかし、CMや広告での「誇大広告だ!」という指摘が入り、全面的にルールを改定したようです。

改定前のルールを今は確認することができません。

ただ、現在は初回契約時から30日間であれば、ほぼ無条件で全額返金保証が認められるようです!

手厚い保証が受けられれるのであれば、問題ないですよね!

【リバウンド?】ライザップでダイエットに成功した芸能人を紹介します!

5.そもそも返金保証はいらないんじゃない?

私のオススメしているパーソナルジムのBOSTYには、返金保証制度はありません。

「ライザップ」と比較して、自信がないの?と思う人もいるかもしれません。

ただ、私が通っている中で、トレーニング内容に不満を思ったことはありません。

むしろ、毎回毎回のトレーニングで効果を感じられるくらいのトレーニング内容です。

そんなBOSTYでは、トレーニングに満足できなかった場合には、無料でトレーニングができる制度があります。

パーソナルトレーニングのジムに何を求めるか。

それは、「圧倒的な成果」ですよね。

成果を求めるのであれば、覚悟を決めてトレーニングを行いましょう!

もし、ライザップが少しでも気になる人は、料金面について、徹底的に調べてみましたので、参考にしてください!

ライザップは料金が高い?全コースと割引を紹介 【2019年11月版】

わたしがオススメするパーソナルジムは、BOSTY(ボスティ)

わたしが通うBOSTY(ボスティ)には、藤田ニコルさんや、藤井サチさんなど、モデル、タレントなどテレビに雑誌によく見かける芸能人が数多く通っていてます。

Instagram(インスタグラム)にある投稿をまとめてみました!

「誰がBOSTY(ボスティ)に通ってるの?」

と少しでも気になる人は見てみてください。

「あんな人も通ってるのか!」と驚くはずです。

BOSTY(ボスティ)でトレーニングをしているモデル・女優・俳優紹介

ライザップを検討している方で、もし他のパーソナルジムにも興味がある方は是非、以下の申し込みフォームから、無料カウンセリングを申し込んでみてください。

>>>公式サイト申し込みフォーム

BOSTY(ボスティ)店舗スタジオ一覧

ユウト

あなたの自宅や職場近く、通勤定期券内の店舗スタジオをの方が通いやすいですよ!

店舗スタジオ一覧をまとめたので、ぜひ見てくださいね!

>>>BOSTY(ボスティ)の店舗スタジオ一覧をチェックする!