【初心者でもできる!】自宅でもできる自重トレーニングまとめ

こんにちは!

BOSTY-LAB(ボスティラボ)管理人のユウトです!

この記事では、自宅でも簡単にできる「自重トレーニング」について紹介します。

ジムにあるトレーニングマシンなどを必要としないので、
誰でも自宅で簡単に行うことができる自重トレーニングについて紹介します。

ユウト

自宅でできるトレーニングからまずやってみよう!

背中のトレーニング

バックエクステンション

バックエクステンション系のトレーニングは、デッドリフト系の種目と比較すると、背中を丸めて、伸張を行うので、負荷は総じて低めだが、
勢いをつけて、上体を起こしてしまうと、ケガにもつながるので、注意してください。

『バックエクステンション』の正しいやり方とその効果、注意点

腹のトレーニング

プランク

プランクは、回数よりも姿勢を維持できるように意識をすることをして欲しいトレーニングです。

身体を一直線にして、腹部に負荷がかけられるようにしましょう。

『プランクアップ』の正しいやり方とその効果、注意点

クランチ

動作がシンプルなので、どんな人にもオススメのトレーニングです。

ただし、身体を無理に持ち上げると、腰を痛めることもあるので、注意です。

『クランチ』の正しいやり方とその効果、注意点

サイドクランチ

通常のクランチから身体をひねることで、腹直筋だけでなく腹斜筋にも効果があります。

膝を開いてしまうと、効果が半減してしまうので、注意してください。

『サイドクランチ』の正しいやり方とその効果、注意点

太もものトレーニング

スクワット

下半身を総合的に鍛えることができます。

スクワットをしていて、物足りないと感じたら、【スプリットスクワット】など負荷を大きくしてみましょう。

『スクワット』の正しいやり方とその効果、注意点

お尻・下半身のトレーニング

ヒップリフト

自重トレーニングながら、負荷が高めなので、下半身を集中的に鍛えたい人にオススメです。

『ヒップリフト』の正しいやり方とその効果、注意点

まとめ

自重トレーニングのメリットは、

  • 自宅で簡単にできる

です。

ユウト

まずは、自重トレーニングでケガなく筋トレを行いましょう!

そんなBOSTY(ボスティ)の申し込みは以下のフォームから申し込めます。

>>>公式サイト申し込みフォーム

芸能人も多く通ってるBOSTY(ボスティ)

ダレノガレ明美さんや、佐野ひなこさんなど、モデル、タレントなどテレビに雑誌によく見かける芸能人も数多くBOSTY(ボスティ)に通っているみたいです。

Instagram(インスタグラム)にある投稿をまとめてみました!

「誰がBOSTY(ボスティ)に通ってるの?」

と少しでも気になる人は見てみてください。

「あんな人も通ってるのか!」と驚くはずです。

BOSTY(ボスティ)でトレーニングをしているモデル・女優・俳優紹介

関心のある方は是非、以下の申し込みフォームから。無料カウンセリングを受けることができます。

>>>公式サイト申し込みフォーム