『ワイドスクワット』の正しいやり方とその効果、注意点

こんにちは!

BOSTY-LAB(ボスティラボ)管理人のユウトです!

この記事では、自宅でも簡単にできる「【ワイドスクワット】」について紹介します。

別名「スモウスクワット」と呼ばれるように、力士は四股を踏むように、下半身を鍛えられます!

ユウト

まずは、動画をチェック!

★★種目名★★

ワイドスクワット

★★目的★★

  • 内もも・お尻・前ももを鍛える
  • 別名「スモウスクワット」

★★フォーム★★

  • 足を大きく広げつま先を少し外旋させる
  • バランスを取りながら内ももを伸ばして深くしゃがみ込む
  • 内ももをしめるように戻す
注意
  • 真横に内ももを伸ばしていくイメージ
  • 膝が前に出ないようにする

良い例

悪い例

★★回数★★

  • 10~15回

このトレーニングを選ぶメリット

自重トレーニングなので、どこでもできる!

 

このトレーニングは、ウエイトを使用しない自重トレーニングなので、自宅でも簡単にできます。

【初心者でもできる!】自宅でもできる自重トレーニングまとめ

余裕がある人は、こちらのトレーニングも一緒に行う!

ワイドスクワットが楽にできるようになれば、重心を左右に移す【ラテラルランジ】をやってみてみましょう。

同じ姿勢で行うトレーニングだが、片足ずつ行うので、負荷がアップするので、オススメです!

『スタンディングカーフレイズ』の正しいやり方とその効果、注意点

まとめ

今日は、【ワイドスクワット】で、股関節からお尻にかけて刺激が入りやすいトレーニングを紹介しました。

足を開くので、バランスを取るのが難しいトレーニングなので、手を自由にしてバランスを取って、太ももをシェイプアップさせましょう。

ユウト

間違った方法は、ケガにもつながる可能性があります!フォームが崩れて、姿勢を維持出来なくなったら無理せずに休憩しましょう!

そんなBOSTY(ボスティ)の申し込みは以下のフォームから申し込めます。

>>>公式サイト申し込みフォーム

芸能人も多く通ってるBOSTY(ボスティ)

ダレノガレ明美さんや、佐野ひなこさんなど、モデル、タレントなどテレビに雑誌によく見かける芸能人も数多くBOSTY(ボスティ)に通っているみたいです。

Instagram(インスタグラム)にある投稿をまとめてみました!

「誰がBOSTY(ボスティ)に通ってるの?」

と少しでも気になる人は見てみてください。

「あんな人も通ってるのか!」と驚くはずです。

BOSTY(ボスティ)でトレーニングをしているモデル・女優・俳優紹介

関心のある方は是非、以下の申し込みフォームから。無料カウンセリングを受けることができます。

>>>公式サイト申し込みフォーム