『ライイングアダクション』の正しいやり方とその効果、注意点

こんにちは!

BOSTY-LAB(ボスティラボ)管理人のユウトです!

この記事では、「【ライイングアダクション】」について紹介します。

内ももを鍛える種目で、姿勢に注意が必要です!

ユウト

まずは、動画をチェック!

★★種目名★★

ライイングアダクション

★★目的★★

  • 内ももを鍛える

★★フォーム★★

  1. 横向きに寝ころび上の足を前にクロスさせる
  2. 元の位置に戻す
注意
  • 下の足を持ち上げ、ギリギリまでおろす
  • 足をクロスさせることで骨盤が固定される
  • お尻の下にクッション・バスタオル等で高さを作り可動域を広げる(5~6cm)

 

良い例

悪い例

★★回数★★

  • 片足20回

このトレーニングを選ぶメリット

自宅で簡単にできる!

このトレーニングは、特別な器具やマシンを使用しない自重トレーニングです。

自重トレーニングでも十分な効果を得ることは可能です。

自宅で行う際は、枕やクッションんなどで簡単に代用ができます!

実際にやってみると、脇腹〜背中にかけてが痛くなりました。きちんとしたフォームで行わないと、内ももを鍛えられないだけでなく、ケガにもつながる可能性があるので、注意してください!

内ももの集中的なトレーニングができる!

普段、筋トレを行う際に、内ももへ集中的に効果があるトレーニングをいている人は、少ないのではないでしょうか?

理想のボディメイクを実現するためには、最終的に、各パーツごと、異なる鍛え方をする必要がありますので、綺麗な脚線美を目指す人には、おすすめのトレーニングです。

【初心者でもできる!】自宅でもできる自重トレーニングまとめ

まとめ

今日は、【ライイングアダクション】で、内ももに効果的なトレーニングを紹介しました。

細くて、綺麗な脚を作るために、引き締まった内ももを目指して、取り組んでみてください!

ユウト

間違った方法は、ケガにもつながる可能性があります!どこの筋肉を鍛えるのかを常に意識してください!

脚を総合的に鍛えたい人には、まずは【スクワット】がオススメです!

そんなBOSTY(ボスティ)の申し込みは以下のフォームから申し込めます。

>>>公式サイト申し込みフォーム

芸能人も多く通ってるBOSTY(ボスティ)

ダレノガレ明美さんや、佐野ひなこさんなど、モデル、タレントなどテレビに雑誌によく見かける芸能人も数多くBOSTY(ボスティ)に通っているみたいです。

Instagram(インスタグラム)にある投稿をまとめてみました!

「誰がBOSTY(ボスティ)に通ってるの?」

と少しでも気になる人は見てみてください。

「あんな人も通ってるのか!」と驚くはずです。

BOSTY(ボスティ)でトレーニングをしているモデル・女優・俳優紹介

関心のある方は是非、以下の申し込みフォームから。無料カウンセリングを受けることができます。

>>>公式サイト申し込みフォーム