『ライイングフェイスプル』の正しいやり方とその効果、注意点

こんにちは!

BOSTY-LAB(ボスティラボ)管理人のユウトです!

この記事では、「【ライイングフェイスプル】」について紹介します。

【ライイングフェイスプル】は、ロープを使った肩周りのトレーニングです!

ユウト

まずは、動画をチェック!

★★種目名★★

ドンキーキック

★★目的★★

  • なで肩解消
  • 肩こり解消

★★目的★★

  • 肩回りをスッキリさせることで二の腕もキレイにみえる

★★フォーム★★

  1. ベンチに寝ころびロープを持つ
  2. 肩がすくまないように肘を開くように引く
  3. 肩の後ろを意識して引く

 

注意
  • 肩がすくまないようにすること
  • 肩の後ろを意識して引くこと

 

★★回数★★

  • 20回3セット

このトレーニングを選ぶメリット

効率よくトレーニングができる!

このトレーニングは、ロープを使ったトレーニングです。

このトレーニングは、ほかの肩のトレーニングよりも三角筋後部への負荷が高くなるトレーニングです。

負荷が高い分、しっかりフォームを維持し、取り組まなければ、負荷が抜けてしまい、効果は半減してしまいます。

肩のトレーニングは、「ライイングフェイスプル」以外に「リバースフライ」などがあります。

自分にあったレベルのトレーニングを見つけてください!

『リバースフライ』の正しいやり方とその効果、注意点

まとめ

今日は、【ライイングフェイスプル】で、肩に効果的なトレーニングを紹介しました。

背中まわりを鍛えることで、引き締まった上半身を手に入れることができます。

割れた腹筋とともに、かっこよく服を着こなすためにも、背中周りを鍛えましょう!

ユウト

背中周りは無理をすると、肉離れなどの大きな怪我につながることも!決して無理はせずに、トレーニングを行いましょう!

下半身を総合的に鍛えたい人には、まずは【スクワット】がオススメです!

『スクワット』の正しいやり方とその効果、注意点

>>>公式サイト申し込みフォーム

芸能人も多く通ってるBOSTY(ボスティ)

ダレノガレ明美さんや、佐野ひなこさんなど、モデル、タレントなどテレビに雑誌によく見かける芸能人も数多くBOSTY(ボスティ)に通っているみたいです。

Instagram(インスタグラム)にある投稿をまとめてみました!

「誰がBOSTY(ボスティ)に通ってるの?」

と少しでも気になる人は見てみてください。

「あんな人も通ってるのか!」と驚くはずです。

BOSTY(ボスティ)でトレーニングをしているモデル・女優・俳優紹介

関心のある方は是非、以下の申し込みフォームから。無料カウンセリングを受けることができます。

>>>公式サイト申し込みフォーム